« 高崎から松井田まで 11月5日 | トップページ | 坂本宿から軽井沢宿まで 11月14日 »

松井田宿から坂本宿まで 11月6日

松井田宿(まついだ)

  ↓     9.5キロ

坂本宿(さかもと)

     日本橋から総計 135.1キロ

Photo_8

7時に起床、その後ホテルの朝食をゆっくりと食べてから8時半に出発しました。

昨夕ゴールした松井田宿までタクシーで戻り、そこからのスタートです。

今日のゴール目的地は軽井沢です。

朝の松井田宿は清清しい空気に包まれています。

Conv0080  Conv0081

古い街並みを眺めながらゆっくりと宿場を通り過ぎました。

Conv0084  Conv0086

一軒の民家の前にカボチャが手押し車の上にのせておいてありました。こんな古い宿場町でハロウィーンということもないのでは、と思いましたが、ひょっとしたら日本にも昔からカボチャを飾る習慣があったのでしょうか??

松井田宿を出てしばらくは風情のある街道が続きます。

Conv0088  Conv0089

しばらくすると「五料村」に入りました。江戸時代にはこの村はよそ者が江戸に向けて入り込まないように監視する役目をもった村だったそうです。

気のせいか一人で歩く私に厳しい視線が注がれているような錯覚を覚えましたが、この村に復元されている「五料の茶屋本陣跡」を訪れると、受付の女性がとても感じよく、「ここは有料なのですが、外からのぞくだけならお金は結構ですよ」とあたたかく迎えてくれました。

Conv0090  Conv0091

そこを出てしばらく行くと、丸山坂という坂道に出ました。坂道の途中に「夜泣き地蔵」と呼ばれるお地蔵様が並び、その前に「茶釜石」という不思議な石がありました。

Conv0093_2

Conv0095_3 この石はたたくと茶釜をたたくような金属音がするので、昔の旅人もみんなたたいて不思議に思いながら通り過ぎたそうです。

私もたたいてみましたが、なるほど中が空洞のような金属音がして不思議な気がしました。

そこから先はのどかな景色の田舎道が続き、写真に撮りたい被写体がたくさんありました。

説明抜きで写真を並べますのでご覧ください。

Conv0097  Conv0098

Conv0100  Conv0106

Conv0105_2   

そこからしばらく歩くと横川駅に着きました。「峠の釜飯」で有名なところです。

Conv0108  Conv0109

Conv0111  Conv0112

まだお昼には少し早かったのですが、昨日お昼ご飯を食べるところを見つけることができずお腹をすかせて歩いた苦い経験がありましたので、今日は食べられるうちに食べておくことにしました。

Conv0113_2

その後「碓氷(うすい)関所跡」を見た後「坂本宿」を目指して歩きました。

Conv0114  Conv0115

1時少し過ぎに「坂本宿」に着きました。この宿場は1625年に完成した幕府による計画都市であったそうで、計画的に作られた家並みや用水路などのある大きな宿場町だったそうです。

Photo_9

しかし、今はその面影もなく寂しい山の中の集落といった感じです。

Conv0119  Conv0120

一軒一軒の家に屋号を記した木の看板がかけられているのが唯一昔の宿場の面影を残しています。

Conv0123  Conv0127

Conv0129 Conv0125

今日はここから碓氷峠(うすいとうげ)を越えて軽井沢宿を目指す予定でしたが、時はすでに1時半。

これから峠道を歩くと途中の山道で日が暮れてしまうのではないか、と心配になりました。

それに手術後初めての1泊2日の旅で、腰や足にも少し疲れを感じるので、今回は無理をせずにここで切り上げて東京へ戻ることにしました。

近くにただ1軒開いていたお店の主人に「ここから横川駅まで戻りたいのですが、バス停はどこですか?」と聞くと、「バスはありませんよ」とのそっけない返事。

「じゃあ横川まではどうやって行けばいいのですか?」ときくと「歩くしかないですね~」とのまたまたそっけない返事。

横川から汗をかきながら坂道を登ってきたばかりなので、「歩いて戻るのはイヤだあ~!」と思っていたら、子どもをおんぶして買い物に来ていた若いお母さんが、「そうだ。この先の「峠の温泉」に行くと、そこから送迎バスが出てるかも…」とのこと。

迷わずその温泉に向かいました。

Conv0132  Conv0133

「こんな山の中に!」と思うほど立派な温泉施設です。

受付の女性に「ここから横川までの送迎バスに乗りたいのですが…」と聞くと、「本当は温泉利用者用なんですが、今日は空いているので温泉に入らなくてもお乗りになっていいですよ~」とやさしく答えてくれました。

それが気に入って、「温泉大人一枚!」と入湯券を買って、ゆっくりと温泉につかり体を休め、おまけに風呂上りに冷たい生ビールをグーッと一杯やってから横川行きのバスに乗りました。

そこから鈍行電車を乗り継いで我が家に帰りました。

Conv0134_2  今日は予定の半分で切り上げたので、1日の総歩数は20288歩と少なめでした。

しかし、無理をせず「坂本宿」で切り上げたのは正解だったと思います。

碓氷峠を越えて信州(長野県)に入るのは次回にしたいと思います。

« 高崎から松井田まで 11月5日 | トップページ | 坂本宿から軽井沢宿まで 11月14日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/358713/32129023

この記事へのトラックバック一覧です: 松井田宿から坂本宿まで 11月6日:

« 高崎から松井田まで 11月5日 | トップページ | 坂本宿から軽井沢宿まで 11月14日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 旅行・地域
無料ブログはココログ