« 中山道中断のお知らせ | トップページ | 中山道を歩いてきました。 »

症状は深刻に・・・しかし・・

前回、中山道の旅の中断について書きましたが、その後症状が一向に好転しないので、大きな病院で精密検査をしてもらいました。

MRIで調べてもらった結果、「腰部脊柱管狭窄症」との診断でした。そして、相当な重症なので手術をしなければ治らないだろうと言われました。

そこで脊椎関係の手術では有名な国立M病院へ行き、再度診てもらった上で4月20~21日に一泊二日の検査入院をしました。

その結果いつ手術をするかは5月になってから分かるようです。

話はちょっと変わって、この「腰部脊柱管狭窄症」という病気は数百メートルも歩くと脚がしびれて痛くなり座り込んでしまうほどなのですが、不思議なことに自転車に乗るのは全く支障がなく、どれだけでも走れてしまうのです。

そこで、邪道であることは承知の上で、「自転車で中山道を走ってみようか・・」という気持ちが湧いてきました。

思い立つと気が早い私は早速ドイツのメーカーの折りたたみ自転車「BD-1」を購入しました。

Conv0106_4 

これで中山道の出発地点まで、折りたたんだ自転車を電車で運び、そこからその回の目的地まで自転車で旅をして、再び折りたたんで電車で帰ってくるという算段です。

自転車が来た4月の初めから、体を自転車に慣らすために、毎日のように走っています。

主に我が家からすぐ近くに流れている多摩川沿いのサイクリングロードを走っていますが、少しずつ走行距離を伸ばしながら、先日は我が家から多摩川の河口の羽田空港までの約60キロを走ってきました。

Conv0107 

もちろん帰りは折りたたんで電車で帰ってきました。

Conv0110_2 

4月26日の今日現在、もう中山道まで出かける準備は万端なのですが、ちょっと心に引っかかるものがあるのです。

「やはり中山道は歩いてこそ旅をする価値がある。」「自転車で走るのは邪道だ。」

という自分の旅へのこだわりの気持がムクムクと湧き出してきたのです。

しかし、その一方、「昔の旅人は歩く人だけではなく、駕籠や馬で旅をした人もいるのだからいいじゃないか。」という気持ちもあって、葛藤を生じているところです。

今のところまだ中山道には出かけていませんが、とりあえず自転車で走ることのできる区間だけをひとまず走っておいて、病気が治ってまた歩けるようになったら、同じ区間をもう一度歩きなおそうかな、とも考えています。

これだけ病気にさいなまれながらも私を惹きつける「街道歩き」とはいったい何なのでしょうね・・。

過去や現在に街道歩きをなさっている同士の方々にはこの気持ちは分かっていただけると思いますが・・。

« 中山道中断のお知らせ | トップページ | 中山道を歩いてきました。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/358713/29304081

この記事へのトラックバック一覧です: 症状は深刻に・・・しかし・・:

« 中山道中断のお知らせ | トップページ | 中山道を歩いてきました。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 旅行・地域
無料ブログはココログ