« 中山道への思い | トップページ | 浦和から桶川まで 1月3日 »

いざ、日本橋を出発! 1月2日(金)

Photo_5 Conv0001_6

  写真はクリックすると拡大します。

日本橋

 ↓ 9.8km

板橋宿(いたばし)

 ↓ 9.0km

蕨宿 (わらび)

 ↓ 5.4km

浦和宿(うらわ)    合計 24.2km

年の暮れになって、

「切りの良いところで、1月1日に中山道の旅をスタートしようかな!」

と言ってみたところ、妻から

「元日ぐらいは家にいて家族でお正月を迎えましょうよ。」

と言われました。

それもそうだと思い、元日は家族で地元の神社に初詣に出かけ、お屠蘇とお雑煮、おせち料理などでお祝いをしました。

そして、元日の夜、11時半、

「では、明日の朝早く出発するからもう寝るよ。」

と言って寝室へ行こうとすると、長男が

「僕も一緒に行っていいかなあ? せめてスタートの日だけでも一緒に歩きたいんだけど…」

と言うので

「もちろんいいよ! 一緒に行こう!」と答えました。

そして、1月2日早朝、長男と一緒にお雑煮で朝食を済ませた後、妻の笑顔と眠そうな愛猫ミューの顔に見送られて7時半に家を出て日本橋へ向かいました。

Conv0004_2 東京駅に着いて日本橋に向かって歩き始めると、銀座の街にはあちこちに長い行列ができています。有名デパートなどの福袋目当ての行列のようです。

日本橋に着いて、二人で入念にストレッチをして身体を慣らしてから、9時25分にいよいよ中山道への第一歩を踏み出しました。

東海道の旅のときは日本橋から南に向かって歩き始めましたが、今回は逆に北に向かってのスタートです。

あちこちの店先に門松が並び、その中を歩くのはなかなか清清しい気分です。

   旅立ちや門松並ぶ中山道

Conv0005 しばらく歩いて神田駅を過ぎると、以前千代田区の学校で働いているときに行ったことのある江戸情緒の残った店が何軒かありました。

間もなくお囃子の音が聞こえてきました。神田明神です。

Conv0006_2  Conv0007_3 

せっかくなので、今年2度目の初詣をしました。さすが神田明神だけあって大勢の人で賑わっています。参道の糀屋「三河屋」の熱々の名物甘酒を飲んで身体が温まったところで再び歩き始めました。

Conv0008 Conv0009 

10時半、東京大学の赤門を通過しました。

赤門前では何組かの親子連れが記念写真を撮っていました。これから東大を目指そうという人たちなのでしょうか。

なぜか皆、幸せそうな顔をしていました。

それから1時間ほど歩くと巣鴨の「地蔵通り商店街」に入りました。噂には聞いていましたが、通りにはお年寄り、しかも女性のお年寄りがいっぱいです。巣鴨が「お年寄りの原宿」と言われている訳がよく分かります。

Conv0010 Conv0012 

通りのお店には、おばちゃんやおばあちゃん好みの商品がいっぱい並んでいます。妻を連れてきたら喜ぶかな…と思いながら歩きました。

Conv0067_2 

Conv0011_2 有名な「とげぬき地蔵」で今年3度目の初詣をしました。こんなに「はしご」で初詣をすると、かえってご利益がなくなるかもしれません。

お昼過ぎに板橋の駅を通過しました。駅の近くのファミリーレストランで二人でカレーライスで昼食を済ませました。

Conv0015 Conv0016 

板橋の地名の元になった「板橋」(昔は板でできた橋だったそうです)を渡ると間もなく「縁切り榎」に差し掛かりました。

この榎の下を通ると縁が切れて不幸になると、いつの頃からか言われるようになり、皇女和宮をはじめ京から降嫁したお姫様方がここを通るときには榎を梢から根元まで菰(こも)で包み隠したり、わざわざ回り道をして通り過ぎたりしたそうです。

Conv0017 2時ちょっと過ぎた頃、「志村の一里塚」に到達しました。ここは道の両側に塚が残っている非常に珍しいところです。

東海道でもそうでしたが、一里塚が残っているところは少なく、しかも両側の塚が残っているところはほとんどありません。

道路の拡幅のためだけでなく、明治政府が徳川幕府の名残を消すために街道の一里塚を取り壊させたことで、ほとんど無くなってしまったそうです。

3時ちょうど、埼玉県との境に流れる荒川に掛かる戸田橋にさしかかりました。

Photo_6 Conv0019 

江戸時代は幕府が江戸を守るために、ここには橋を掛けず、渡し舟で旅人を渡していたそうです。

その後、蕨(わらび)宿を通過しました。

蕨宿の旧道には中山道の各宿場の浮世絵が絵タイルになって歩道に埋め込まれていました。

また蕨宿には本陣跡がきれいに整備されていました。

Conv0023_2  Conv0024 

長男は昨年11月に痛めていた腰が痛み始めて少し辛そうですが、そのまま浦和まで歩くことにしました。

日もとっぷり暮れたころ、焼米坂を登ると、調(つき)神社が見えてきました。

Conv0032 Conv0030 

珍しい名前の神社ですが、「つき」にちなんで、この神社には狛犬のかわりに一対の兎が置かれています。

また、この神社はなぜか鳥居がないことでも有名です。そのようなことで謎に満ちた神社と言われているそうです。

そこからしばらく歩くと浦和駅に着きました。

駅の近くで夕食を済ませた後、長男はそこから帰宅しました。

私は近くのビジネスホテルに宿を取り、一泊してまた明日も歩くことにしました。

Conv0036 

今日の総歩数は45,324歩でした。

デジブックというアルバムをブログに貼り付けることができるようになりました。

試験的に1冊貼り付けてみます。

« 中山道への思い | トップページ | 浦和から桶川まで 1月3日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さっそく読ませていただきました。ゆっくり歩いたからこそ目に入った事柄がよくわかりました。
今の私には到底歩けない距離です。うらやましいです。

途中で 中止しなければならないなんて、非常にざんねんです。
早く良くなって、続きを歩いて、またブログに載せてください。

待っています。

おはなはん

のぞきに来ていただきありがとうございます。
ちょうどテンプレートを変換中で画面が乱れていたことをお詫びします。
「還暦からの東海道」の方も、もしお時間がおありでしたらのぞいてみてください。

そちらのホームページもちょっとだけのぞかせていただきました。
素晴らしいものをおつくりになっているのですね。
これから再度ゆっくり拝見させていただきます。

またお会いしましょう!  お元気でお過ごしください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/358713/26857364

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、日本橋を出発! 1月2日(金):

« 中山道への思い | トップページ | 浦和から桶川まで 1月3日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 旅行・地域
無料ブログはココログ