« 関~坂下~土山へ 11月16日 | トップページ | 石部~草津へ 11月30日 »

2007.11.25

土山~水口~石部へ 11月17日

水口のホテルで7時前に目を覚まし、バイキング朝食を食べた後、タクシーを呼んでもらって昨日の「土山宿」まで戻りました。バスが1時間に1本しかなくこの時間だと50分ほど待たなければならなかったからです。

8時に土山に戻り、再スタートしました。今日は北風が吹いていてとても冷え込んでいます。

Photo Photo_2

昨日は夜暗くなってから着き、「土山」をほとんど見ることができなかったので、もう一度本陣跡などをゆっくり見てから歩き始めました。

  「土山」はお茶の産地らしく、旧街道沿いにもあちこちに茶畑が見られます。

Photo_17 Photo_19

この辺りの東海道は黒いアスファルトではなく、黄土色の道になっています。あたかも土の道を歩いているような感覚で、気持ちがいいです。しかも、他の道とはっきりと見分けがつくので、道に迷う恐れもありません。旅人には嬉しい配慮です。

歩いていると自転車に乗った高校生や、遊んでいる小学生、散歩をしているお年寄りの人たちが「おはようございます!」とか「こんにちは!」などと声を掛けてくれます。

昨日「鈴鹿峠」を越えて滋賀県に入ったとたんにこの違いに気がつきました。

それに滋賀県の言葉がとても柔らかくて温かく、耳に心地よく聞こえます。最近某プロボクサー一家の品のない関西弁に辟易していましたので、こんなに上品で心温まる関西弁を聞くとほっとします。

11時少し前に「岩神社」というところを通りました。そこにあった説明板によると、ここには昔大きな岩があり、この地方の人は赤ん坊が生まれると、この岩の前に子どもを抱いて立ち、通りがかりの旅人にその子の名前をつけてもらうという風習があったそうです。

もし、今、ここで赤ん坊を抱いた人が現れて、私に「この子の名前をつけてください」言われたらどんな名前をつけるかなあ?、などと想像しながら歩きました。

Photo_6 Photo_7

街道沿いに野菜の無人販売所がありました。並んでいる野菜は東京ではあまり見かけない、いわゆる京野菜です。色合いがきれいで上品な野菜ばかりです。

Photo_9 Photo_11

お昼ごろ「水口(みなくち)宿」に入りました。水口に着いたら昼食をどこかで食べようと思っていましたが、旧街道沿いには食事のできそうな店が見当たりません。

また昨日と同じく、携行食を食べることになるのかなあ、とあきらめかけていましたが、1時ごろ「水口宿」の西の出口のところで1件のお店を見つけました。

普通の民家のような一軒家に目立たない看板で「うなぎ・おまかせ料理」と書いた小さな店です。

中に入ると普通の家の玄関です。
「ごめんくださ~い」と言うと、しばらくして女の人が出てきて「おいでやすぅ」、

「あのう、何か食べることはできるんでしょうか…?」と聞くと、ちょっと困ったような表情で奥の調理場に向かって、

「あの~、お客さん一人、うな重でいいから食べたいと言うてはるんやけどぉ~」、

(いや、うな重の「う」もまだ言うてまへんで…)、

すると奥の方から主人らしい声が「ほな、あがってもらい、何とかするさかいに…」

何だか悪いことでもしたかな…と小さくなりながら玄関で靴ひもをほどいて上がらせてもらいました。

調理場の方をちょっとのぞくと、ものすごくたくさんの人数分の料理が作られているところでした。
どうやら今日は貸し切りで法事か何か行われるようすです。

それでも主人が中から「まっといてや、20分で出しますさかいにな」と言ってくれました。

Photo_12 ピッタリ20分後に出てきた「うな重」はうなぎが二段に入っていて、うまいの何のって、びっくりするほどです。
タレも甘からず、辛からずで私の好みにピッタリ!

うまそうに食べている私のそばに主人が現れて、「うなぎは活きたやつでないとあきまへんのや、たった今裂いたばかりでっせ」と声に似合わず人懐っこい顔をして言います。

ごはん粒一つ残さずきれいに食べた後、主人の
「おおきに、ありがとはん!」「気いつけて行きいや!」
の声に送られて、何だか得したような気持ちで再び歩き始めました。

今日の最大の収穫はこの「うな重」だったかも…。

(私の関西弁の再現は間違っているかもしれません。)

 (すんまへんどすぅ…。)

Photo_20 Photo_21

その後、大いに満足して歩き続けました。街道沿いには造り酒屋があったり、あちこちにたわわに実った柿の木があったりと東海道らしい趣を楽しみながら歩くことができました。

そろそろ日も傾き始めた4時ごろ「石部(いしべ)宿」に着きました。

Photo_14 Photo_15

ここには昔の茶屋が復元されていましたが、あまり他には見るべきところもなく(街道から離れたところには歴史民族資料館などがあるようでしたが)そのまま石部駅へと向いました。

しばらく待った後、4時50分の電車に乗り、その後ローカル線や新幹線を乗り継いで、東京の我が家に戻りました。我が家に着いたのは11時ごろでした。

Photo_16 歩数計を見ると今日一日で歩いた歩数は46926歩でした。

次回はいよいよ12月1日に京都三条大橋にゴールインの予定です。

(ちょっぴりさびしい気もします。)

« 関~坂下~土山へ 11月16日 | トップページ | 石部~草津へ 11月30日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/358713/8989716

この記事へのトラックバック一覧です: 土山~水口~石部へ 11月17日:

« 関~坂下~土山へ 11月16日 | トップページ | 石部~草津へ 11月30日 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ