« 平塚から小田原へ 3月28日 | トップページ | 箱根から沼津へ 4月7日 »

2007.04.30

小田原から箱根へ 4月6日

Photo_123 6時50分の電車で我が家のあるH市の駅を出発して今日の出発点小田原に向かいました。

(写真や絵はクリックすると拡大されます。)

9時15分小田原に到着して、すぐに今日のスタート地点である街道筋の休憩所「なりわい交流館」を目指しました。

休憩所の前に着きましたが、今日はまだ時間が早いせいか開店していませんでした。お店の横でしっかりストレッチをしてから箱根へ向かって歩き始めました。

Photo_41 涼しくてちょっと寒いくらいの気温の中を朝の空気を一杯に吸い込んで歩いていると、すぐに右手にお城の天守閣風の大きな建物が眼に飛び込んできました。日本最古の薬屋「ういろう」のお店です。

Photo_42 そのほかにもさすがに城下町であり宿場町でもあった小田原だけあって、街道沿いには古い趣のあるお店が並んでいます。蒲鉾屋、薬屋、魚屋、桶屋、和菓子屋など、のぞきながら歩くととても面白いです。

Photo_43 その後歩き続けると早川に沿った街道に出ました。道に沿って満開の桜が咲き誇り、見事な眺めです。最高のタイミングでここに来たことは大変な幸運です。

それにしても小田原を出てからここまで、私のように歩いて旅をする者のための案内板の少なさに驚かされます。

今回の小田原からの旅の前にインターネットで「ちゃんと歩ける 東海道五十三次 完全踏査街道マップ」というのを見つけ購入しました。手作りの一見ちゃちな地図に8千円以上もとられてこれはうまくだまされたかな、と思っていたのですが、その思いは今回の旅を始めてすぐに打ち消されした。

Photo_23 幅9センチの帯状の地図を屏風折りにしてたたむと手のひらに収まるぐらいに小さくなります。その地図が実にポイントをよく押さえてあって、案内板や標識のないところで迷いそうになると、ちゃ~んと教えてくれるスグレモノです。

これはその後も大いに役に立って、良い買い物をしたと満足しています。

途中上り坂にかかると暑くなってきたので、箱根湯本の町の湯本小学校の近くで小休止をかねて服装調節をしました。

その後、どんどん歩き続けると標高が高くなってきたせいか、また寒く感じるようになってきましたので、上着を着なおしました。

なだらかな坂道を登り続けましたが、桜の花びらが舞い散る中を一人で歩くのがもったいないような気がしました。この幸福感を誰かと分かち合いたいような気持ちです。

途中なかなかお昼を食べることのできそうな店が見つからないので、「ホテル初花」というところのレストランで食事をしました。一面のガラス張りのレストランで、目の前には暖かい日差しの中に広がる春の山と、点在する満開の桜が広がり、まるで美しい絵を見ているような気分の中での贅沢な食事でした。

Photo_44 その後、畑宿の手前から「箱根といえば石畳」と言われるように有名な旧街道の石畳の道が始まりました。薄暗い石畳の道を歩いていると誰一人出会う人がいなくて、心細くなりそうなくらいです。しかし、これぞ「東海道」と思わせるほど、情緒のある道です。

Photo_24 石畳と言っても、石がきれいに敷き詰めてあるわけではなくゴロゴロと岩を埋め込んだという感じの道で、昔の人たちはわらじ履きでこの歩きにくい道をよく歩いたものだと感心します。一説によると徳川幕府が意図的に軍勢が箱根を越えて江戸を攻め込みにくくするために歩きにくい道にしたと言われていますが、その説明の方がなるほどとうなずける気がします。

ここから「女転ばしの坂」「割り石坂」「猿滑り坂」などといかにも難所らしい名前のついた坂を登って行きました。私は普段登山をしているので、これくらいの坂道は平気なのですが、昔の女性などにはさぞ大変な箱根越えだったことだろうと改めて思わずにはいられません。

Photo_45 3時ごろ「甘酒茶屋」に到着し、荷物をおろして甘酒をいただきました。昔から街道を旅する人たちがほっと一息ついた茶屋だったそうですが、いまだに手作りの甘酒やお餅を出しています。甘酒は手作りだけあって上品な甘さで、あと口もよく本当に美味しいものでした。

3時半、やっと上り坂が終わって、道は下りになってきました。それから少し歩くと芦ノ湖が見えてきて、元箱根の町に着きました。

Photo_47 そこから巨大な杉の並ぶ「杉並木」を歩きました。この杉並木には前に何度か観光で来たことがありますが、今回は一旅人として歩いてきたので、今までの杉並木とは一味違って見えました。そこを歩いている自分が江戸時代にタイムスリップしたかのようです。

杉並木を抜けると関所跡があります。今は立派に復元されていて観光客もたくさん訪れていました。

関所のすぐ近くに予約を入れていた宿がありました。一人旅用の安い宿をとろうとしたのですが、なかなか見つからず、仕方なく高い宿になってしまいました。

温泉にゆっくりと浸ってから部屋に運ばれた食事を一人さびしくとり、その後、明日の沼津までの行程を地図上でおさらいをして、翌日に備えていつもより少し早めに寝ました。

« 平塚から小田原へ 3月28日 | トップページ | 箱根から沼津へ 4月7日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/358713/6262099

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原から箱根へ 4月6日:

« 平塚から小田原へ 3月28日 | トップページ | 箱根から沼津へ 4月7日 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ